2017年5月26日金曜日

ブログ、再開します! - 2016年のゴールデングリーン / I restart my blog! - Golden Green in 2016

個展準備のため、1年以上、ブログをお休みしていました。

その個展も2017年4月に終了しましたので、ブログを再開します。

ブログ更新はしていませんでしたが、写真撮影は続けていました。

内容は、2016年から始めます。

健康な体が基本ということで....ゴールデングリーンの2016年分を再開第1号にします。
ゴールデン・グリーンのサイト : 


I had a rest from my blog for over 1 year, because I was preparing for my Exhibition.

The exhibition finished in April, 2017, now I restart my blog.

I hadn't updated the blog, however, I have photographed continuously.

The new content begins from 2016.

Everybody's foundation is a healthy body so I decided the first entry would be Golden Green's 2016. 
Golden Green website :  in Japanese.

2016年6月2日
乾燥とうもろこしはポップコーン用。
私はポップコーンが好きですが、市販のものは味付けがきつく感じて食べません。
ですが 
"ゴールデングリーン" : GG のものは量も味付けも自分で調節できるので、
私のお気に入りになりました。

 2nd of June 2016
Their dry corn is for popcorn.
I like popcorn, 
although I feel the tastes of commercial popcorn are too strong 
so I do not eat them.
However, with 
"Golden Green" : GG's I can control the amount and taste by myself, 
and now it has become my favourite.




2016年7月7日
Rは玉ねぎが食べられないので、通常玉ねぎを抜いていただいています。
ですが、このときは彼がいなかったので、たくさんの玉ねぎが届きました。
嬉しい!

7th of July 2016
R cannot eat onions, so usually they leave out onions.
However, he was not there at that time so many onions arrived for me.
I was so glad!



2016年8月27日
元気!元気!の "夏野菜たち"。
食用ホウズキ、熟れたトマト、甘いとうもろこし...etc,
乾燥とうもろこし(ポップコーン)も美味しいけれど、
夏の新鮮なとうもろこしには勝てません。
このとうもろこしは到着したてなら、生でもOK。
長〜いお野菜はナスです。

27th of August

There are bouncing "Summer Vegetables"!
Edible Houzuki (Physalis pruinosa), Ripe Tomatos, Sweet Corns....etc.
Their popcorns are good although they cannot match 

their fresh summer sweet corn.
When the corn has just arrived, we can eat without cooking. 
 The long ones you see are aubergines. 



2016年9月27日
夏の名残と秋の気配が感じられる野菜たち。

27th of September 2016
Summer reminder and hint of autumn.



2016年10月24日
秋が届けられました!
この配慮に感動します。


24th of October2016
Autumn has arrived!

I am impressed with their consideration.

いつも手書のメモ入りです。
Always they include a hand-written note.



美しい野菜たち! / Beautiful Vegetables!



2016年11月22日
根菜類が増え、どっしりした印象です。
Kamoちゃんの好きなりんごがおまけについてました。


22nd of October 2016
There are more root vegetables so the impression is heavier.
In addition, there is an apple which is Kamo Chan's favourite.



12月31日2016年
12月分と年末セットが一緒に届きました。
お楽しみがたくさんあって、嬉しくなります。
2016年は日本の農家にとって野菜作りが難しい年でしたが、
 GG は多くの品種を作っていたので
この年を乗り切ったようです。

そんな彼らでも米作りは例年のように収穫できず、玄米餅(写真中央)の玄米は
ご近所のものを使用したとのことでした。
玄米餅は何かひ弱 (繊細とも言うのかもしれませんが) な感じがしました。
GG の野菜は個性が強いのが'GG野菜'の特徴の一つだと理解しているので、
他のものが混じるとひ弱な印象になるのかもしれません。
ですが、それを用いいたお雑煮は美味しくいただきました。
他の野菜もお惣菜も楽しんで食べました。


31st of December
The 
December vegetables and the end of year box arrived all at once.
There were many enjoyments which made me happy.
The year of 2016 was difficult for growing vegetables for Japanese famers,
although GG survived the year 
because they grow a wide variety.
Even GG could not harvest as usual this year 
so they used a neighbour's brown rice 
for Genmai Mochi : Brown Rice Cake (in the centre of photograph).
I felt the mochi tasted a little weak ( in other words maybe it was delicate).
I am reminded that one of GG's features is their strong character,
so if others are mixed with them they might be weak for me.
However, I used the Mochi for O-Zōniwhich was delicious.
We enjoyed eating all vegetables and other prepared foods.



2017年1月24日 
2016年度最後の野菜たち。
美味しく健康な生活をありがとうございました。

GGさん、お疲れ様でした。
来期も楽しみにしています。

24th of January 2017
They are the last of this season (2016).
Thank you very much for our delicious and healthy life.
And thank you for GG's good work.
I am looking forwards to next season.




2016年5月17日火曜日

❷5月13日、小さな冒険 - 田中さんの個展 / Mini Adventure - Tanaka's Exhibition, 13th of May, 2016


同じリトグラフ工房に通われている田中さんが自費出版で、
絵本『クロのパン屋さん』
を作りました。

彼女の原画展が鎌倉市腰越 'Art & Dining Space、たぶのき'  :  / で開催されていました。

Tanaka San goes to a lithograph studio which I go to, recently she published her children’s book  : "Kuro no Pan-ya san": "Kuro's Bakery" by herself.

She holds her exhibition :  for the original lithographs in  'Art & Dining Space, Tabunoki' in Koshigoe, Kamakura.

タブノキ
この タブノキは樹齢250~300年と言われています。
第4回景観づくり賞(2009~2010年)
周辺の景観を魅力的に演出する樹木を選び、
「美しいまち並みをつくる樹木』として
12樹木を『景観づくり賞』として表彰しています。
この木12本の一つに選ばれています。

Machilus 
They say this Machilus is about 250 ~300 years old.
The Fourth Scenery Award (2009 - 2010) was for 12 trees 
which make attractive surroundings and beautiful streets in Kamakura.
This Machilus was one of the 12 trees.


 田中さんのDM発見!
Finding Tanaka San's DM


DMの黄色に合わせて、田中さんは小さな黄色いネッカチーフを
首に巻いていました。
お話の主人公、クロも (黄色ではないけてど) ネッカチーフを巻いていますね。

Tanaka San had a small yellow scarf around her neck which 
matched the DM's Yellow.
The main character, Kuro wears a scarf in the story.


'たぶのき'  / 'Tabunoki' (means Machilus)


絵本販売
リトグラフ工房でも買いましたが、ここでもう1冊買いました。
お昼時で複数のお客さまがテーブル席でランチを召し上がっていました。
なので、彼女らを避けて壁際のみの撮影でした。

Selling the Picture Book
I bought the book in the lithograph studio and another here.
It was lunch time and a few people had their lunch on the table.
Therefore when I photographed avoiding them, all the photographs are of the walls.


物語も絵も絵本作りの基本をしっかりおさえている本だと思います。
暖かな気持ちや丁寧なものづくりの姿勢を感じて
とても好感が持てる本です。

I think the picture and the story have got the basics of making picture books.
I feel her warm heart and the careful attitude to creating something 
so I have a very good impression of the book.


この絵本は鎌倉の下記のお店で、2,000円で販売されています。
長谷・syoca : 
長谷・松林堂
たらば書房 (鎌倉駅西口)

This book is priced at ¥2,000 in Kamakura shops, below.
syoca : 
Shourindo / 松林堂  
Tarana Shobo / たらば書房:


絵本原画 / Originals of the Picture Book


リトグラフ工房の写真やアルミ版の展示
額なしのリトグラフの販売もされていました。

The display of aluminum plate and photographs in the lithograph studio.
The lithographs without frames are sold, too.


カウンター席 / Seats at Counter

2016年5月16日月曜日

❶5月13日、小さな冒険 - 龍口寺 / Mini Adventure - Ryūkō-ji -Temple, 13th of May, 2016

目次 / Contents 
1) 江ノ島行きのバス / Bus To Enoshima Island 
2) 龍口寺 バス停 Ryūkō-ji Temple Bus Stop
    A. 江ノ電 / Enoden
    B. 龍口寺 Ryūkō-ji Temple
    C. 龍の口 / Tatsu-no-kuchi
    D. 五重塔 / The Five-storied Pagoda


1) 江ノ島行きのバス / Bus To Enoshima Island 

同じリトグラフ工房に通われている田中さんが自費出版で、
絵本『クロのパン屋さん』
を作りました。

彼女の原画展が鎌倉市腰越 'Art & Dining Space、たぶのき'  :  / で開催されていました。

鎌倉駅から江ノ島行きのバスは、我が家の最寄りのバス停に止まります。

いつもは、自分のバス停でおりますが、今日は、そのバス停から江ノ島行きに乗り込みました。

出不精な私は、こんなことも、初めてで、ちょっとどきどき、私にとっては小さな冒険なのです。
2013年のR との江ノ島訪問については下記

今、ふと思う、人生とは小さな冒険と大きな冒険の繰り返しなのかもしれないと...。もしくは旅?
田中さんのDM
Tanaka San's DM



Bus To Enoshima Island

Tanaka San goes to the lithograph studio which I go to, recently she published her children's book  "Kuro no Pan-ya san": "Kuro's Bakery" by herself.

She holds her exhibition :  for the original lithographs in  'Art & Dining Space, Tabunoki' in Koshigoe, Kamakura.

The bus which runs from Kamakura Station to Enoshima stops at the closest bus stop to my house.

Always I get off the bus from the station at my bus stop, although today, I got on bus at my bus stop.

I am a stay-at-home, even something like this being the first time, made my heart beat a little faster and this was a small adventure for me.
About visiting Enoshima with R in 2013, below.

Now I think life can be repetition of small adventures plus some big adventures....

Otherwise, it is a journey?
バスの中から
見晴台バス停付近からの景色をバスの中から撮影しました。
ちらっと見える水平線は相模湾です。
このバス停近くには、ケーキとカフェの店、'ル・ミリュウ 鎌倉山 (le milieu)'
和食レストランの'鎌倉山倶楽部'があります。

Views From Bus 
Views near by Miharashidai Bus Stop and I photographed from inside the bus.
You can just catch the horizon of Sagami Bay.
There are Cake Shop and Cafe, 'le milieu' and
 a Japanese restaurant 'Kamakurayama Club' near by this Bus Stop.




2) 龍口寺 バス停 / 
Ryūkō-ji Temple Bus Stop


A. 江ノ電 / Enoden
江ノ電
'龍口寺 (リュウコウジ) バス停' で下車。

'龍口寺 (リュウコウジ) バス停'の次は、もう江ノ島海岸バス停です。
龍口 (タキノクチ) 周辺では、江ノ電が道路と同じ路面を走っています。

江ノ電は見慣れていますが、私の生活地域では江ノ電と道路は別に
走っているので、路面電車として走っている景色は珍しく、
とっても観光気分!

Enoden : Enoden Tram  : Enoshima Electric Railway :

I got off my bus at Ryukouji Bus Stop.
This is just before 'Enoshima Kaigan (beach) Bus Stop'.
Enoden runs in the same road with cars, people and bicycles 
around Takinokuchi, near this Bus Stop.
I am used to seeing Enoden, although in my area Enoden runs separately 
from normal roads, so Enoden as a tram is unusual for me and 
I really felt 'Sightseeing'.

反対方向 (江ノ島方面) からも江ノ電がやってきました。
右手のバスに私は乗ってきました。


Another Enoden came from the opposite direction : Enoshima.
I came by the bus on the right.


ありがとう、台湾 !:   / 
現在、江ノ電は、台湾平渓線 (ヘイケンセンと連携しています。
これは台湾からの義援金約200億円が東日本大震災へ送られたことが
きっかけになっています。
"平渓線の1日周遊券を江ノ電主要駅窓口に提示すると
江ノ電の1日乗車券を無償提供するサービスを実施。"

Thank you for Taiwan! 
Today, Enoden cooperates with 'Pingxi Line' in Taiwan. 
This is the opportunity to thank Taiwan which donated about two hundred million yen
"If you show Enoden Station Ticket Counters  a 'One Day Ticket of  Pingxi Line',
you could get a 'One Day Ticket for Enoden, free." 




B. 龍口寺 / Ryūkō-ji Temple
仁王門
'たぶのき'に行く前に龍口寺に寄りました。
この日まで、私はこのお寺を全く知らず、
好奇心のみで寄りました。

 Niō Gate
 I visited the Temple before 'Tabunoki'.
Until today, I did not know about the Ryūkō-ji Tempel
I just had curiousity.
(Ryūkō-ji Temple means Dragon Mouth Temple)

門の天井に龍!
 Dragon on Celling of Gate


阿吽の仁王像
仁王は、開口の阿形 (アギョウ) (上の写真)と、
口を結んだ吽形 (ウンギョウ像 (下の写真2体の一対。
木彫家、 村岡久作(1911 - 1989)

A-Un of Niō Statues : 
Niō or Kongōrikishi are two wrath-filled and muscular guardians of the Buddha standing today at the entrance of many Buddhist temples 
in East Asian Buddhism in the form of frightening wrestler-like statues.
The term A-un is the transliteration in Japanese of the two syllables 
"a" : open mouth (above) and "hūṃ" : close mouth (below).
By a Wooden Sculptor, Kyusaku Muraoka (1911 - 1989)





山門 (1864)
2番目の門もあります。
思ったよりも大きそうなお寺....


Sanmon : Temple Gate, 1864 
There is a second gate, too.
It may be a bigger temple than I thought....


中心に龍の木彫
ヒノキ造り銅版屋根

Wooden Carving of Dragon in the Centre
The Gate is made of Japanese Cypress : Hinoki and 
the roof is covered by copper.

両端に狛犬?
阿吽なのか、判断がつきません...?

Both sides have Komainu : Lion-dogs.

I cannot decide if they are A-un.




りっぱな本堂!
広い敷地にりっぱな本堂。ちょっとびっくり。
でもなんとなく、素朴....間延びしているというか....
公式サイト 
 1932 年竣工。
ヒノキ造り銅版屋根。
ここで五重塔を見つけました!この五重塔、お寺の外から見えないのです。

Grand Main Building! 
Here is spacious with a grand main building.
I was a little surprised.
But, somehow it might say simple... or unsetting atmosphere...
Official Website :  only in Japanese 
 It was built in 1932.
This is made of Hinoki and the roof is made of copper.
 I found a Five-storied pagoda here. 
This Pagoda cannot be seen from beyond the temple gate.



C. 龍の口 / Tatsu-no-kuchi

帰宅後に知ったのですが、龍口寺は、神奈川県藤沢市片瀬龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山(霊蹟寺院)でした。

刑場跡に石碑があるのだそうですが、私は気がつかなかったのです。

不思議な空間だな〜と思いましたが、おどろおどろしい感じは私はしませんでした。

丁寧に弔ってるのでしょうから、おどろおどろしくはないのでしょう。

また、この地、龍口には、下のような、五頭竜伝承 (ゴズリュウデンショウ) があります。

"かつて悪事の限りを働いていた五頭竜が江の島の女神(弁財天)に恋をし、改心し山に姿をかえて津村・腰越の守護神となりました。(改心後の名前は、五頭竜大神)"

なので、もともとは縁起が良い場所なのです。

龍ノ口法難 という、怪奇現象によって、日蓮 (1222 - 1282) が処刑を免れた言い伝えもあります。


手水舎
手水舎 (チョウズヤ) にも龍がいます。

 Chōzuya
There is a dragon in Chōzuya, too.
Here, you wash your hands and your mouth to purify yourself before approaching.
龍の口から水が出ています。
この形は、ここだけではなく、多くの場所で見られますよね。

Water comes from the mouth of this dragon.
Many other temples and shrines have dragons 


Tatsu-no-kuchi

After I returned home, I found out that Ryūkō-ji Temple is a temple of the Nichiren Shū in the city of Fujisawa, Kanagawa Prefecture, Japan. 

It stands on the site of the former Tatsukuchi (or Tatsunokuchi) Execution Grounds.

There is a stone monument of 'Execution Grounds', although I did not notice.

I felt there is a mysterious space, but I did not feel hair-raising.

I think they mourn carefully for victims, so it should not be hair-raising.

Moreover, the area has a 'Five Heads Dragon Tradition', below

"A long long time ago, the Five Head Dragon no limit to the amount of bad things one does.

However, one day the dragon to fell in love to Benzaiten Enodhima Goddess.

Then the Dragon was penitent, changed to a Mountain and became the Guardian God of the area : Koshigoe of Kamakura. After reform, the name became 'Five Head Dragon Great God'."

Therefore basically there should be a lucky place.

There is a Tradition  : 'Tatsunokuchi Hounan' that Nichiren (1222 - 1282) was saved from his execution by a miracle.

'Hounan' means religious persecution.



D. 五重塔 / The Five-storied Pagoda
五重塔
本殿に向かって右に登って行くと五重塔があります。
登りつつ、海が見えるのではないかと期待しました。
1910年竣工。
ヒノキ造り銅版屋根。
木造ケヤキ造で五重塔としては神奈川県で唯一。
全国的にも数少ない明治期 (1868 - 1912) 五重塔
彫刻は一元流(藤沢彫川)の一元安信 (? -?)

The Five-storied Pagoda
If we go up to the right of the main building,
we reach the Five-storied Pagoda.
While I climbed, I expected to see sea.
It was built in 1910.
This is made of Hinoki and the roof is made of copper.
It is the only wooden Five-storied Pagodaone in Kanagawa Prefecture.
There are very few Five-storied Pagoda 
from the Meiji Period (1868 - 1912) in Japan.
Wooden carving by Yasunobu Ichigen (? -?).



山の中の五重塔
The Pagoda in the Mountain



本堂の屋根 / Roof of the Main Building


海!
江ノ島の '湘南大堤防 'の一部が見えました。
天気が良いので、釣り人で賑わっている様子...
カメラのレンズによって、ここまで見えますが、肉眼ではかなり小さいです。

Sea!
I can see some of the 'Shounan Great Bank' of Enoshima Island!
It is a lovely day so there seems to flourish with fishermen or women.
This view was captured by the camera's lens, 
the view is very small by the naked eye.
道はまだ上の墓地に続いていますが、私はここで引き返しました。
ここまで来る観光客は、私くらいかと思いましたら、

ツーリスト風の女性が登ってきました。
明るい感じで道も整備されているので、女性一人でも大丈夫と
思える場所だからでしょう?

The path still climbs towards a graveyard, I turned back here.
I thought I was the only sightseer here,
although I met a woman who looked like a tourist as I went back down.
The path is bright and has been developed,
so we can feel even a woman alone is alright here, can't we?


鐘撞堂
1969年、龍ノ口法難750年を記念し、
中山法華経寺 (ナカヤマホケキョウジ) から移築されました。
鐘は2.6トンあります。

Bell Tower
When it was the 750th anniversary of Tatsu-no-kuchi Hounan
it was moved here from Hokekyō-ji Temple.
The bell weight is 2.6 ton.

願うこと
この鐘は自由に撞くことができます。

幾らかのお賽銭を浄財箱に入れて一撞き!
ここ何年か、お寺や神社、教会で願う場があると、
同じことを願います。
「戦争がない世界になりますよう〜に!」

Pray
We can ring this bell freely.
I rang the bell once with some offering of money.

In recent years, when I take an opportunity to pray at a temple,
a shrine and a church, I always pray the same.
'Become the world without war!'


ここにも龍! / Here is a dragon, too!



本堂を振りかえって
Looking Back at the Main Building


お昼寝している人がいました。
静かだし、お天気良いし....

There is a person who taks a nap.
It was quiet and fine....


大書院
綺麗な建物だな〜と思いつつ撮影。
明治初年(1868年)、信州松代で蚕糸業で財をなした
窪田家が造った蚕糸御殿で、1935年に移築されました。
ヒノキ造り瓦噴き

Daishoin : Great Study House
I felt it is a beautiful building and photographed.
Kubota Family in Nagano Prefecture, made their fortune 
by sericulture industry and built this building in 1868.
In 1935, it was moved to here.
This is made of Hinoki and 
the roof is made of ceramics tiles.

正面玄関の上の龍
Dragons above the centre entrance



鬼瓦
松島瑞巌寺鬼瓦に一層興味をもったので、ここでも撮影。
瑞巌寺訪問については下記
❹4
21-23日、誕生日旅行 - 瑞巌寺 / Birthday Trip - Zuiganji T...

Onigawara
I became more interested in Onigawara before at Zuiganji TempleMatsushima
so I photographed here, too.
About visiting Zuganji, below.
龍口寺を後にして、'たぶのき' に向かいました。

I left Ryūkō-ji Temple and went towards 'Art & Dining Space, Tabunoki'.